水のトラブルはくらしあんしんくらしあんのクラシアンまで

くらしあんしんくらしあんはお客さん目線

クラシアンはくらしあんしんくらしあんというフレーズを掲げていますが、これは語呂が良いから採用しているものではなく、実際にお客さんのことを真剣に考えているからこそです。どのような応対であれ、クラシアンは基本的にお客さん目線で真剣に考えています。お客さんがどのような点で困っているのかを追求します。無料で気軽に相談できる点や、ホームページに様々な事例を掲載しているのもお客さん目線があるからこそです。ホームページを見て解決してもらえればそれだけでも十分と考えているのです。

ホームページを見て解決してもらってはクラシアンとしては利益になりません。
ですがクラシアンは利益ではなく、お客さんのことを考えているのです。水はインフラと言っても過言ではありません。水のトラブルが死活問題になりかねない人もいるのです。そのような状況を生み出さないためには何が必要なのか。言い換えれば、クラシアンが必ず手を加えるのではなく、あくまでもお客さんの利便性を何よりも重視して考えているのです。クラシアンのこの姿勢は長く変わっていません。それだけに、多くの人から頼りにされているのです。いざという時に本当に力になってくれるのはクラシアンなのです。